目線

犬が周囲の情報をどのよう感知しているについて考えることは、しつけ・トレーニングを行う上で重要なヒントにつながると思います。
そこで、人間と犬の目線の違いについて考えてみます。

人間と犬とでは、目線の高さが大きく異なります。
同じものを目にしても、それぞれが受ける印象には多きな違いが生じていると予想できます。

例1:軽自動車

人間(成人男性)目線
2014031014340001.jpg

犬(アメリカン・コッカースパニエル,二歳,雄)
2014031014330001.jpg


例2:自転車

人間目線
2014031014420000.jpg

犬目線
2014031014420002.jpg


このように比較してみると、同じ物でも目線の高さが変われば大きく印象が変わるということが分かります。
犬の目線から見ると、軽自動車は見上げんばかりの大型ダンプのように、スポーツ自転車は一つ目のオバケのように感じられるかもしれません(例えが適切かどうかはこの際、問題ではありません)。

これらの写真は日中に撮ったものですが、夜間になれば明るいライトが際立ってまた異なった印象を受けることが予想されます。

自動車・自転車・バイク等に対して、興奮して吠えかかる・怖がって逃走しようとする、といった人間の側からすれば困った行動を取ってしまう犬は少なくないと思います。適切な対処法は各犬で異なるものの、「この犬はどのように目の前の状況を感知しているか」ということを的確に予測することで、各犬に合わせた対処法につなげることが可能になると考えられます(具体的な対処法についてはここでは割愛します)。

視覚に限らず、聴覚・嗅覚・振動覚といった各感覚器官の発達具合や特性が、人間と犬とでは大きく異なっていることを認識し、人間の感じ方のみに基づいて判断することのないように気を付けることで、犬の気持ちに少しだけ近づくことが出来るようになるのではないでしょうか。

こんな感じで、たまにはドッグトレーナーっぽいことも書いていこうかなと思っています。


今回の協力犬、アメリカン・コッカースパニエルのココロ君
2014031014300000.jpg



これは誰目線?
2014031120540000.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

RYO

Author:RYO
神奈川県の湘南・西湘地域を中心に活動しているドッグトレーナーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR